ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

障子ヶ岳と千女房のヤマザクラ

福岡県京都郡みやこ町の千女房のヤマザクラ駐車場から登山スタートして障子ヶ岳(427m)まで往復しました。障子ヶ岳は昔山城として利用されていた場所で山城地形の切堀・馬場・北ノ丸などが尾根上に点在しています。山頂からは360度のパノラマを楽しむ事が出来ました。北側には平尾台、北西に福智山、西側に香春岳、東側には国東半島の山々、南には由布岳・鶴見岳が見えていました。春は桜、空気の澄んだ秋などがお薦めです。行動時間は休憩を含め約3時間程とファミリーハイク、初心者向けのハイキングコースとなります。

満開の千女房のヤマザクラ
簡易舗装の坂を4分程上がると山道へと入る案内板があります。
最初のピーク、北ノ丸跡
一番奥に見えている台地が山頂になります。
障子ヶ岳城の解説版
障子ヶ岳山頂に到着!
山頂標識の反対側(東側)にある三角点
下山後、香春岳三ノ岳登山口近くにある長光円陣の滝桜公園に寄り道しました。見えている山は三ノ岳

白馬スノーシューハイク

2月11日(金・祝)~13日(日)の日程で長野県北安曇郡白馬村でスノーシューハイキングを楽しみました。初日は岩岳スノーパーク/ねずこの森でスノーシューハイキングを楽しみ山頂近くにある展望テラスでティータイムを楽しみました。天気が良ければテラスからは180°の山岳パノラマを楽しむことが出来るのですが私たちが到着した時は残念ながら稜線は雲の中で、時より杓子岳の山頂付近を見る事が出来た程度でした。風もなく楽しいスノーハイキングを楽しみました!

2日目は八方尾根でスノーシューハイクを楽しむためにゴンドラ始発時間の約30分程前に山麓駅へと到着しましたが、連休ということもあり長蛇の列ができていました。最終的には八方池山荘がある山頂駅に到着したのは1時間半程経過した頃でした。快晴無風のなかスBらしい展望を楽しみながら八方池へ向けて尾根を登って行きました。八方尾根では登山者、スノーボーダー、バックカントリーをする人で蟻の行列となっていました。しかし、広い尾根なので渋滞することなく歩くことが出来ました。八方池まで到着した際、まだ時間的に余裕があったので下ノ樺と呼ばれている場所までこうどを上げ、そこから往路と同じ道で無事下山。約3時間半の行程でした!3日目は五竜岳の姿を間近に見ようと白馬五竜ゴンドラに乗りアルプス平まで上がりましたが、朝は晴れて稜線も良く見えていたのに我々が登る頃にはガスがかかってしまいホワイトアウト状態となってしまいました。ゴンドラで山麓まで下山後は、徒歩にて白馬村の雪景色を楽しみながらウォ―キングを楽しみました。ランチは美味しいステーキ丼を食べ、食後は長野オリンピックで使用されたスキージャンプ台を見学しました。3日間、お天気に恵まれ白馬の自然を堪能しました。

岩岳山頂から派生している尾根(ねずこの森)をショートコースでスノーシューハイクしました。

パウダースノーなので快適です!
皆んなでポーズ!この画像を撮るために並んだところバランスを崩し将棋倒しに、爆笑でした!
空の青と雪の白、コントラストが綺麗でした。
展望テラスにはカフェが営業しています。
展望テラスでコーヒーなど飲みながら展望を楽しみました。
雲の切れ間から杓子岳の稜線が顔を出しました!
ティータイムも終わり、再びゴンドラで山麓駅まで下ります。
2日目の朝、山麓から稜線に当たる朝焼け(モルゲンロート)が綺麗でした。五竜岳とスキージャンプ台
モルゲンロートに染まる白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)
八方山周辺からみた八方尾根と不帰キレット
左側の双耳峰が鹿島槍ヶ岳、右側は五竜岳です。
白馬三山も綺麗に見えています。(左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)
白馬三山をバックにパチリ!皆さん素敵な笑顔ですね。
素晴らしいロケーションのなか、スノーシューハイキング!
第二ケルンとバックは不帰キレット
八方ケルン、遠くの山並みは高妻山から火打山、雨飾山にかけての景色が広がっています。
もう一度、パチリ!
下ノ樺付近から見た不帰キレット、恰好良いですね!
下山途中、雪に閉ざされた八方池に寄り道、正面は白馬三山
山ポーズ!(笑)
高妻山、火打山、雨飾山方面
無事、ゴンドラ山頂駅まで戻って来ました。
3日目の朝も山が綺麗に見えていました。遠見尾根と五竜岳
今朝の白馬三山も素敵です!
白馬五竜ゴンドラのとおみ駅(山麓駅)
8人乗りゴンドラ
アルプス平駅まで上がってくるとガスの中でした(>_<)
アルプス平駅周辺は夏は高山植物園になっています。施設内にはレストランもあります。
屋上の展墓台から山の稜線が出てくるのを少し待ちましたが断念。
標高が下がると周囲の山の景色が見えてきます。
白馬の町までウォ―キングしながら戻ることに、途中の神社に寄り道。
飯盛神社本殿
神社の周辺では霧氷の付いた木々があり綺麗でした。
中央より右側に見えている山は五竜岳、武田菱の雪形が良く判ります。
ランチはこじんまりとしたレストランで!
お店の中も綺麗でした。
ランチメニューにサラダが付いていて、新鮮なお野菜とサッパリとしたドレッシングで👍
メインはステーキ丼、器が大きいので量が少なく感じますが女性にはボリューム感があります。今回、ご飯は少なめでお願いしましたが大盛りも出来るとの事でした!お肉が柔らかく焼き加減も👍でした。
食後も歩き、長野オリンピックで使用されたスキージャンプ台を見学。
ジャンプ台前にて記念撮影、楽しい3日間お疲れさまでした!

干支登山 虎ヶ岳・烏帽子岳

山口県の下松市と光市の境に位置する山で今年も干支登山を楽しみました。登山コースは数本ありますが今回は、東側の渓月院から稜線伝いに虎ヶ岳・烏帽子岳へと進み、再び虎ヶ岳まで戻り、下山は立岩コースで常安寺まで下り、畦道や川沿いの道を歩きスタート地点へと戻る周回コースでした。低山ながら稜線では小さなアップダウンが続くので意外と体力消耗しますが、時間的には4時間半程度です。山頂からは光市側の瀬戸内海沿いの景観、北側には下松市側の山々が連なる景観を楽しむことが出来ます!

登山口にある渓月院
虎ヶ岳山頂に到着。
虎ヶ岳山頂から30分程先にある烏帽子岳まで足を延ばしました。烏帽子岳山頂も展望は良いです!
再び虎ヶ岳山頂へと戻り、北側にある立岩ルートから下山します。
急な尾根や沢沿いの道を下ります。
山麓の林道まで下って来ました。
常安寺まで暫く竹林沿いの林道を歩きます。

亀の横顔のような巨石に遭遇

常安寺境内そばには蠟梅(ロウバイ)が咲いていました。

常安寺と登山口案内標識
常安寺山門前の駐車場横に虎ヶ岳「谷コース」登山口があります。ここから渓月院登山口へは舗装路を歩いて戻ることになります。体力に自信のない方は烏帽子岳へは行かない虎ヶ岳のみの周回をお勧めします。

長崎七高山巡り

2022年(令和四年)最初の登山は長崎県長崎市の市街地を囲むように鎮座している山々を巡りました。

七高山巡りは江戸時代から庶民の間で親しまれており、正月から14日頃までに七高山を詣でる慣わしがあったとの事です。一度に回るも良し、二回に分けて登るも良しとされていました。

今回は一日で七高山巡りした登山記録となります。

諏訪神社一の鳥居からスタートして、諏訪神社本殿にて安全祈願。諏訪神社境内からは後に登る彦山も良く見えていました。諏訪神社を出発後は、金毘羅山、七面山、烽火山、秋葉大権現、豊前坊(飯盛山)、彦山、愛宕山、風頭山を巡り、坂本龍馬が携わった亀山社中経由で再び諏訪神社一の鳥居まで戻りました。行動時間は約8時間半(休憩時間含む)でした!

諏訪神社一の鳥居
本殿へと向かう長い石段
諏訪神社本殿
諏訪神社から金毘羅山へ向かう途中、建山、烽火山方面を望む
金毘羅神社鳥居
金毘羅神社本殿
日本初の金星観測点記念モニュメント
金星観測碑の解説板
金星観測碑の傍からは長崎港の眺望が楽しめます。
こちらも金星観測碑で、この裏手に観測台跡の基石があります。
観測碑から金毘羅山山頂へと向かう途中にある「どんく岩」/カエル岩
金毘羅神社上宮(山頂)鳥居。奥に見えているのは上宮。鳥居周辺は展望台、ベンチもあり、景色を楽しむことが出来ます!
山頂展望台からは長崎港から岩屋山、浦上方面の展望を楽しむことが出来ます。
金毘羅山山麓にある西山高部水源地
七面山/烽火山へ向かう途中にある片淵近隣公園(グラウンド)、自動販売機・トイレもあります。
七面山本殿に参拝
七面山から急登を上る事約30分程で烽火山山頂に到着しました。
烽火山山頂は狼煙台あとで、長崎市の最高峰、八郎岳や長崎港、女神大橋などを見渡すことが出来ます。
烽火山から秋葉山/秋葉大権現経由で本河内方面へと下ると、奥山地区にある妙相寺禅寺に到着。一休みしてから次の豊前坊(飯盛山)へと向かいます。
かなり長い石段を上ったところに飯盛山(飯盛神社/豊前坊)があります。
彦山に到着。山頂は展望がありませんが、少し手前にある露岩からは茂木、橘湾などが望め、山頂の少し先の展望スポットからは長崎港方面の眺望があります。
陽が傾き始めた頃、愛宕山(愛宕神社)に到着。
最後の山頂、風頭山に到着。日没間際、陽が雲に隠れる寸前に登頂出来ました!
風頭山からは眼下に日没直後の長崎港の景観。
風頭山周辺は公園になっていて龍馬の銅像がある展望台からは長崎市内を一望することが出来ます。
風頭公園から山麓へと下って行くと途中に竹ん芸で有名な若宮稲荷大明神があります。
龍馬通りを下って行くと亀山社中に到着。その後、諏訪神社一の鳥居まで歩きました。長い道のりでしたが無事に終了。とにかく長崎は町なかも山も階段&坂が多いので心して歩きましょう!

東北の山旅 山寺編

東北の山旅3日目は松尾芭蕉『奥の細道』で有名な山寺は山形県山形市にあり、正式名は宝珠山立石寺といい天台宗のお寺です。立石寺本堂・根本中堂・日枝神社・山内支院・大仏殿・奥之院・開山堂・五大堂などからなり山全体が修行の場となっています。参拝時間は人によって様々ですが、おおよそ2時間~3時間程みていればよいかと思います。今回は早朝に訪れたこともあり人が少なく静かな境内をゆっくりと巡ることが出来ました!

立石寺登山口?横にある奥の細道解説板
立石寺参道入口
立石寺本堂
根本中堂
境内にある松尾芭蕉の銅像
松尾芭蕉銅像の隣にある、芭蕉の弟子 曽良(そら)の銅像
立石寺入口(門から先は入山料が必用となります)
境内マップ
松尾芭蕉の歌詞の基となった『せみ塚』
仁王門
仁王門の仁王像
立石寺の名の由来?になった開山堂
山寺随一の展望を誇る五大堂(五大明王を祀るお堂)から眼下に山寺駅が見えています。
釈迦が峰の斜面には修行の岩場が点在しています。
奥之院隣にある大仏殿
山寺の最上部に位置する天台宗 宝珠山奥之院