白馬スノーシューハイク

2月11日(金・祝)~13日(日)の日程で長野県北安曇郡白馬村でスノーシューハイキングを楽しみました。初日は岩岳スノーパーク/ねずこの森でスノーシューハイキングを楽しみ山頂近くにある展望テラスでティータイムを楽しみました。天気が良ければテラスからは180°の山岳パノラマを楽しむことが出来るのですが私たちが到着した時は残念ながら稜線は雲の中で、時より杓子岳の山頂付近を見る事が出来た程度でした。風もなく楽しいスノーハイキングを楽しみました!

2日目は八方尾根でスノーシューハイクを楽しむためにゴンドラ始発時間の約30分程前に山麓駅へと到着しましたが、連休ということもあり長蛇の列ができていました。最終的には八方池山荘がある山頂駅に到着したのは1時間半程経過した頃でした。快晴無風のなかスBらしい展望を楽しみながら八方池へ向けて尾根を登って行きました。八方尾根では登山者、スノーボーダー、バックカントリーをする人で蟻の行列となっていました。しかし、広い尾根なので渋滞することなく歩くことが出来ました。八方池まで到着した際、まだ時間的に余裕があったので下ノ樺と呼ばれている場所までこうどを上げ、そこから往路と同じ道で無事下山。約3時間半の行程でした!3日目は五竜岳の姿を間近に見ようと白馬五竜ゴンドラに乗りアルプス平まで上がりましたが、朝は晴れて稜線も良く見えていたのに我々が登る頃にはガスがかかってしまいホワイトアウト状態となってしまいました。ゴンドラで山麓まで下山後は、徒歩にて白馬村の雪景色を楽しみながらウォ―キングを楽しみました。ランチは美味しいステーキ丼を食べ、食後は長野オリンピックで使用されたスキージャンプ台を見学しました。3日間、お天気に恵まれ白馬の自然を堪能しました。

岩岳山頂から派生している尾根(ねずこの森)をショートコースでスノーシューハイクしました。

パウダースノーなので快適です!
皆んなでポーズ!この画像を撮るために並んだところバランスを崩し将棋倒しに、爆笑でした!
空の青と雪の白、コントラストが綺麗でした。
展望テラスにはカフェが営業しています。
展望テラスでコーヒーなど飲みながら展望を楽しみました。
雲の切れ間から杓子岳の稜線が顔を出しました!
ティータイムも終わり、再びゴンドラで山麓駅まで下ります。
2日目の朝、山麓から稜線に当たる朝焼け(モルゲンロート)が綺麗でした。五竜岳とスキージャンプ台
モルゲンロートに染まる白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)
八方山周辺からみた八方尾根と不帰キレット
左側の双耳峰が鹿島槍ヶ岳、右側は五竜岳です。
白馬三山も綺麗に見えています。(左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)
白馬三山をバックにパチリ!皆さん素敵な笑顔ですね。
素晴らしいロケーションのなか、スノーシューハイキング!
第二ケルンとバックは不帰キレット
八方ケルン、遠くの山並みは高妻山から火打山、雨飾山にかけての景色が広がっています。
もう一度、パチリ!
下ノ樺付近から見た不帰キレット、恰好良いですね!
下山途中、雪に閉ざされた八方池に寄り道、正面は白馬三山
山ポーズ!(笑)
高妻山、火打山、雨飾山方面
無事、ゴンドラ山頂駅まで戻って来ました。
3日目の朝も山が綺麗に見えていました。遠見尾根と五竜岳
今朝の白馬三山も素敵です!
白馬五竜ゴンドラのとおみ駅(山麓駅)
8人乗りゴンドラ
アルプス平駅まで上がってくるとガスの中でした(>_<)
アルプス平駅周辺は夏は高山植物園になっています。施設内にはレストランもあります。
屋上の展墓台から山の稜線が出てくるのを少し待ちましたが断念。
標高が下がると周囲の山の景色が見えてきます。
白馬の町までウォ―キングしながら戻ることに、途中の神社に寄り道。
飯盛神社本殿
神社の周辺では霧氷の付いた木々があり綺麗でした。
中央より右側に見えている山は五竜岳、武田菱の雪形が良く判ります。
ランチはこじんまりとしたレストランで!
お店の中も綺麗でした。
ランチメニューにサラダが付いていて、新鮮なお野菜とサッパリとしたドレッシングで👍
メインはステーキ丼、器が大きいので量が少なく感じますが女性にはボリューム感があります。今回、ご飯は少なめでお願いしましたが大盛りも出来るとの事でした!お肉が柔らかく焼き加減も👍でした。
食後も歩き、長野オリンピックで使用されたスキージャンプ台を見学。
ジャンプ台前にて記念撮影、楽しい3日間お疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です