5月12日(木)~14日(土)の日程で日本百名山2座に登って来ました。

なかなかスッキリしない日々が続き、山頂からは遠くの景色を見ることは出来ませんでしたが雲取山では幻想的なブナの森、両神山ではシャクナゲ、アカヤシオなどの花を愛で山頂からは富士山も見ることが出来たので満足しました。最初の山は雲取山、二番目の山は両神山でした。

平日だったので林道終点(ゲート)手前に車を駐車してスタート!
林道沿いにはヤマブキが咲いていました。
登山開始から約3時間ほどで本日の宿、三条の湯に到着。山中で入浴できるのは幸せです!
我々が宿泊した日は平日だったので我々のグループ以外は2名しか宿泊者はおらず静かで良かったです。
地元でとれた食材を使用した夕食は美味で、アルコールがすすみました(^^)
ブナの新緑が霧の中で幻想的な景観を醸し出していました。
雲取山山頂(山梨県側)、この山は山梨県側と東京都側にそれぞれ山頂標識が設置されています。
雲取山 山頂避難小屋 小屋の近くにはバイオトイレも設置されています。
東京都側の雲取山山頂、こちらには国土地理院が設置した珍しい原三角点があります。
原三角点碑
こちらは雲取山下山した翌日、両神山の日向大谷より入山。弘法之井戸
両神山の中腹にある清滝小屋(避難小屋)
避難小屋に併設されている休憩所(トイレあり)、シャクナゲが綺麗に咲いていました。
この避難小屋から山頂へかけては急登、ロープ場が連続します。
神社が二つ祀られています。(両神の山名となった神社)狛犬ならの狛狼でした。
稜線ではアカヤシオが風雨にめげず咲いていました。
山頂手前の稜線では幻想的な景色が眼下に広がっていました。
登山口を出発して約4時間ほどで両神山山頂に到着しました。
山頂からは遠くに富士山も見ることが出来ました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です