福岡の名低山 六ヶ岳周遊

福岡県の若宮市、鞍手市、直方市の境に位置する山で宗像三女神が降り立ったという伝説が残っている山です。登山口は4ヶ所ありますが、今回は若宮市の宮田登山口からスタートして時計回りに周遊しました。出穂の峰、高祖の峰、崎門の峰、天冠の峰、羽衣の峰、六ヶ岳/朝日岳からなり、最高峰は六ヶ岳/旭岳(338.9m)です。なお、プラス3座(新入岳・北龍ヶ岳・龍ヶ岳)もついでに登りました。高低差の少ないアップダウンの連続で山トレとしては丁度よかった感じです。行動時間は3時間35分でした!ちなみによく地元の方が利用しているのは直方側の下新入登山口からの往復コースです。

宮田登山口(上部登山口)からスタート。ここには駐車スペースがあり、4~5台程度駐車可能です。
宮田登山口から約10分程で内野池に到着。六ヶ岳の由来も案内板があります。今回は池の手前から出穂の峰を目指しました。
内野池からはこれから登る出穂の峰、六ヶ岳の山頂付近を確認することが出来ました。
出穂岳東新道と書いた標識がありました。
いったん平坦になりますがこの後、山頂まで急な登りとなります。
出穂の峰山頂(293m)に到着。内野池から約30分程で到着しました!
分岐には手作りの案内標識があります。
真ん中のピークにアンテナが見えますが六ヶ岳の山頂です。
出穂の峰から20分程で高祖の峰(260m)に到着しました。次の崎門の峰へはいったん出穂の峰側に4分程戻った地点から左折します。
崎門の峰への急な登り取りつき、足元が濡れているときは要注意です!
崎門と峰山頂の一角にある六嶽神社上宮
崎門の峰山頂(272m)に登頂。天冠の峰はこの山頂標識の右手へ進みます!
崎門の峰から12分程で天冠の峰(252m)に到着。次の羽衣の峰へはこの後、いったん崎門の峰へと戻ることになります。
天冠の峰から25分程で羽衣の峰(315m)に到着。展望はありません!次はいよいよ六ヶ岳/朝日岳です。
羽衣の峰から11分で六ヶ岳/朝日岳(338.9m)に到着しました。山頂からは360°のパノラマを楽しむことが出来ます!
六ヶ岳山頂は広い原っぱになっていて朝日岳の山頂標識のすぐ近くに六ヶ岳の山頂標識があります。どっちやねん!
山頂の近くにキンミズヒキの花が咲いていました。
龍ヶ岳(222m)山頂に到着しました。龍ヶ岳山頂は昔、山城があったとの案内板がありましたが現在は林の中で展望はありませんでした。
龍ヶ岳山頂は色々な山や登山口へと向かう分岐になっているので進行方向をよく確認してから進むようにしましょう!
龍ヶ岳山頂から南尾根を下ること約20分程で宮田登山口(スタート地点)に到着しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です